いわき絵のぼりの製作中の三代目高橋謙一郎 いわき絵のぼり いわき絵のぼり、上部には家紋が入ります 大空を悠々と泳ぐ手描き鯉のぼり いわきだるま、群青色は「いわき七浜」の海の色、白い模様は波しぶきを表すと言われています。








高橋工房は大正時代の創業で、創業100年近くになります。
創業者の高橋與平(よへい)は大正時代に独立し「絵のぼり」
「だるま」の製作を始めるとともに、江戸時代から続く絵の
り、だるまの改良に取り組み、二代目高橋晃平(しょうへい)
とともに、独自の絵柄の「いわき絵のぼり」「手描き鯉のぼり」
「いわきだるま」を作り上げました。


現在は三代目高橋謙一郎、四代目高橋聡一郎に受け継がれて
います。


特に「いわき絵のぼり」の製作技術は、二代目、三代目ともに
「いわき市無形文化財」に指定されています。

高橋工房

〒970-8053 
福島県いわき市平正月町1-7
TEL/FAX 0246-23-4077


いわき駅より徒歩13分 本町通り七丁目
駐車場あり


http://takahashikoubou.jp
iwakienobori@gmail.com